コンテンツ

人を少しでも健康に近づける喜びを、息子が教えてくれました。

 

当時高校生だった長男。野球をやっていました。
激しい練習が続いたある日から、肩の痛みや腰痛に悩まされるように。
整形外科へ診察にいくと、側弯症(背曲病)と診断されました。

診断の帰りにショックを受けているのか、黙り込む息子の姿はいまでもはっきり覚えています。
野球が大好きだったことは、家族のみんなが知っていたことだから。なんとかしてあげたい。
藁にもすがる気持ちで、数ヶ月前に整体技術の講習会に参加したときの先生を訪ねました。
それがカイロプラクティックとの本当の出会いです。

「母親が施術した方が毎日やってあげられる。効率が上がるから試してみた方がいい」

 

自分で産んだ子。何とか私の手で治せるものなら…。
そう思い、カイロプラクターになることを決心したんです。

徐々に良くなっていく息子の姿を見て、人を健康に近づける楽しさを実感しました。
これを世の中に広めていきたい。整体以外でも悩みを抱えている方も多いと思います。
そんな悩み相談まで受け止められる。そんなカイロプラクターを目指しています。

なかしまジュニア&レディースカイロ 院長
中島 明美